ゼロショベ改造計画

ゼロエンジニアリング製作のフルカスタムショベルヘッドをベースに、できる限り自力でさらにフルカスタムするカスタムハーレーダビッドソンの画像付きブログ日記。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< いろんなトコの手直し パート8 | TOP | 告知-2007ホットロッドカスタムショー- >>

2007.10.31 Wednesday

ゼロショベ完成お披露目会-'07HRCSバージョン

0
    ど〜も〜!
    引越しに伴いインターネットが使えない状況がここ一ヶ月間続いて全然ブログ更新できませんでした。 期待して待ってくださってるファンのみなさまにはホントに申し訳ないことしました。 ごめんなさい。

    こんばんは、タダでさえ数少ないウチのゼロショベのファンが、この一ヶ月でさらに少なくなった気がしてならない管理人チアキです。

    さて、突然ですがここで緊急告知を。 実は今年も横浜ホットロッドカスタムショーへのエントリーが決定しました!



    第16回 ヨコハマ ホット ロッド・カスタム ショー 2007 前売りチケット



    去年3月からスタートし、ゼロショベ完成お披露目会-'06HRCSバージョンからさらに突き進んだカスタム箇所の集大成として、今回はゼロショベ完成お披露目会-'07HRCSバージョンをお送りいたします。

    ゼロショベ'07HRCSバージョン

    ゼロショベエンジン側正面
    ゼロショベエンジン側斜め後ろ
    ゼロショベエンジン側斜め前
    ゼロショベプライマリー側正面
    ゼロショベプライマリー側斜め後ろ
    ゼロショベプライマリー側斜め前
    ゼロショベ正面
    ゼロショベ真後ろ

    ゼロショベ'06HRCSバージョンからの変更点

    タンクサイドシフトへ変更それでは部分的に変更点を見ていきます。 まずはタンクサイドシフト。 これはもともとジョッキーシフト位置にあった手斧グリップをタンク脇にリロケート。 ハンドルと乗車時の膝とのクリアランスがかなり狭いのですが、ギリギリで両方に当たらない絶妙な位置にあります。 バランス的には少し頭でっかちですが、オレ的には気に入ってる部分です。

    スケルトンシートの背もたれ追加続いては変態スケルトンシートの背もたれ追加。 これ付けただけで上り坂の加速がすごく楽になりました。 全体の雰囲気を壊さずにうまくできたかな〜、と思っておりやす。

    タンクにエアーバルブを追加続いてはタンク上部に増設した左右のワンウェイバルブ。 これはハイトのないミサイルタンクからガソリンじゃじゃ漏れだったので急遽取り付けました。 雰囲気的にもどことなくレーサー風でかっこいいんですが、いまだに少しだけ給油口から漏れてきてます・・・。

    リアフェンダー変更お次はショートリアフェンダーへの変更。 もともとはロイヤルエンフィールドのフロントフェンダーというスーパービキニなフェンダーだったのを、上のようなファットでショートなフェンダーに。 これ元々はショベルFLHのリアフェンダー・ヒンジから先の部分ですね。

    キャブレター交換続いてはキャブレター交換。 もともとはケイヒンキャブでした。 他のキャブすら使ったことないのに、いきなりこんな凄そうなツインキャブにするなんて・・・と最初は思ってましたが、安く手に入れられたしけっこう気に入ってます。 これは元はドゥカティF1 750ccに純正採用されているデロルトPHF36です。 インマニは20年前くらいにMC-DENの佐藤さんが製作していた激レアパーツで、ショベルヘッド用のセパレートツインインテークマニホールド。 要はインマニがシリンダーごとに独立した構造になってます。

    ロッカーハウジングワンオフ製作続いてはショベルのロッカーカバーを削りに削って製作したロッカー回り。 もうここまで来るとカバーではなくハウジングと呼んだほうが適切です。 もうショベルの面影はほとんど無くロッカーアームが剥き出しです。 ちなみにロッカーアームの中に注油するには、目玉部分にあるグリスニップルから注油するとアームの中にグリスが充填されて、アーム奧側から熱でグリスが少しづつ溢れてきてバルブの頭に流れ着くような感じになってます。

    ワンオフロッカーハウジングプライマリー側プライマー側から見るとこんな感じ。 ハウジングを留めてるスタッドボルトはノーマルの華奢なスタッドに比べてかなり男らしく太いスタッドに交換して強度を上げてます。

    バルブスプリング剥き出しのロッカー回りこのアングルからだとOHV機構がよく判りますね。 このカタチに辿り着くまで何ヶ月も掛かってます。 バルブスプリング剥き出し&プッシュロッドも剥き出しのワイルドなエンジンですが、意外に普通に回ります。

    オープンOHVエンジンデロルトのツインキャブとワンオフオープンOHVによって今まで見たこと無いようなエンジンになったオレのゼロショベ。 本当ならサイドバルブビッグツインのクランクケースを使って4カム化までやっておきたかったんですが、お金と時間が全然足りませんでした。 こいつが完成形になるのは何年先なんでしょうか・・・。

    ゼロショベ改造計画こうやって改めて見ると、以前の'06HRCSバージョンと比べても雰囲気的にはあまり変化が感じられませんが、今年も懲りずにホットロッドショーにエントリー。 今年は仲間とブースを共有して展示予定で、その仲間はフォトグラファーなので写真をいっぱい飾り、オレはゼロショベとOHV-LIFEで作ってるT-シャツとかを並べて宣伝しようかと目論んでます。

    ショー当日の会場では気軽に声を掛けてください。 それではみなさん、会場でお会いしましょう! ではでは♪




    第16回 ヨコハマ ホット ロッド・カスタム ショー 2007 前売りチケット

    コメント

    コメントする









    ▲top