ゼロショベ改造計画

ゼロエンジニアリング製作のフルカスタムショベルヘッドをベースに、できる限り自力でさらにフルカスタムするカスタムハーレーダビッドソンの画像付きブログ日記。

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ロッカーハウジングステー | TOP | シリンダーヘッドの加工 >>

2007.05.01 Tuesday

グリスニップルの取り付け

0
    うれしいゴールデンウィークに突入しましたが、みなさんレジャーや旅行の予定はいかがですか?
    オレはといえば大型連休真っ只中なのにどこにも行かずに家の中でこのブログを書いてます。

    こんばんは。年間を通じて毎週がゴールデンウィークな管理人チアキです。

    「どこにも行かずに」はウソですね、「どこにも行けずに」が正解です。
    さて、今回は剥き出しになったロッカーアーム周辺の可動部分にグリスを潤滑させるためのグリスニップル取り付け作業をインプレッション!



    グリスニップルの取り付け加工

    ロッカーアーム周辺画像現状のロッカーアーム周辺はこんな感じです。 エンジンオイルが回らないのでドライのままだとすぐに磨耗したり焼き付いちゃう心配がありますね。
    グリスを潤滑させる部分はロッカーアームとロッカーシャフトの間、アームとプッシュロッドの間、アームとバルブの間、というところでしょうか。

    ポンチング失敗まずはロッカーアームの真ん中あたりにニップルを取り付けるためにポンチング! ・・・・・何度ブッ叩いても歯が立ちません。 焼きが入っててかなりの硬度になってます。
    超硬のドリルなどを使えば加工できなくもないですが、超硬ドリルはお高いのでこの案は却下。 別の案でいってみます。

    ショベルヘッド用ロッカーアームシャフトショベルのロッカーアームシャフトにはオイルを潤滑させるための通り道があります。 これは次の画像にあるプラグの穴に繋がっていて、うまい具合にアームとシャフトの間にオイルが回る仕組みになってます。

    ロッカーシャフトプラグ部分こちらがロッカーカバーにあるロッカーシャフトのプラグホール。 ロッカーカバーの中には各プラグホールへとトンネルがありオイルがすべての穴に潤滑する仕組みになってます。 今回はここからグリスアップするための仕掛けを作ります。

    ショベルヘッド純正プラグこちらはショベルヘッド純正ロッカープラグ。 真ん中に六角穴が開いてますね。 ここにグリスニップルを付けたいトコロですが、取り付けるとプラグを回せなくなっちゃいます。

    ナックルタイプロッカープラグそこで登場するのが社外品でよく見かけるナックルタイプのロッカープラグ。 これなら真ん中にグリスニップル取り付けてもプラグを回せます。 ちなみにこの車両はフリーダムにある、とある方の納車前のショベルリジッド。 訳をお話ししたら快くオレの純正プラグと取り替えてくれるとの事。 とってもラッキーです♪ むこうも純正になりラッキーだと思ってくれてるはず。

    プラグ分解このプラグはツーピース構造になってます。 このデカフクロナットのテッペンは肉薄なので、コイツと組み合わさる全ネジの方にグリスニップルを取り付けます。 デカフクロナットの方には大きめの穴でも開けときます。

    グリスニップル用タップ立て画像のように丸物をくわえられるバイスでねじ山を潰さないようにアルミ板(缶ジュースです)を挟んでチャッキング。 グリスニップルのネジピッチはM6なので下穴5mmのドリルで貫通させてM6タップを立てます。

    プラグ部分にグリスニップル先ほどのデカフクロナットに大穴を開けて組み付ければグリスニップル付きロッカープラグの出来上がり♪ デカフクロナットの穴は少しテーパーにしてグリスガンの口がキッチリ入るようにしました。

    ニュープラグ仮組みちなみにロッカーハウジングに取り付けるとこんな感じに。 なんだかファニーな感じになりましたね。

    スリーボンド液状ガスケットロッカーシャフトには先ほど説明した各プラグホールへと繋がるトンネルにオイルを潤滑させるために画像のように油溝と穴が開いてます。 ゼロショベはこの穴は必要なくむしろ邪魔なので液状ガスケットで穴を塞いでおきます。

    グリスニップルハンダ付け続いてはロッカーアームとプッシュロッドの間に注油するためのグリスニップルを取り付けます。 画像のようにグリスニップルのネジ部分を削り飛ばし、ハンダでロッカーアームにくっつけます。 グリスニップルの中には混入防止の小さなボールとそのボールにテンションを掛けるためのスプリングが入っているのですが、ネジ部分を切り飛ばすと中身が出てきちゃうので今回はボール&バネ無しで取り付けました。

    グリスニップル取り付け完了とりあえすここまでのグリスニップルの取り付けは完了。 残すはロッカーアームとバルブ頭の接点だけなんですが、ここは構造上ニップルを取り付け辛く、加工で強度落としたくない部分なんですよね〜。 一番チカラが掛かり磨耗も早そうな部分ですが、ここはマメにグリスアップして対応したいと思います。 最悪ここがダメになったらローラーロッカーを組み付ける予定です。
    最初からローラーロッカーを組み付けたいトコロですが、現在お金に困っているので出来ません。

    ニューフェイスショベルヘッド出来上がったロッカーアーム類をシリンダーヘッドに取り付けます。 このプラグ部分からグリスアップするようになるわけですが、ここからグリス入れるバイクは見たことないですね(笑。 ロッカーハウジングのカタチはどうしよっかな〜。

    ロッカーハウジング裏側画像裏側から覗くとこんな感じです。 現状のロッカーハウジングだとちょっとグリスアップしにくい場所にグリスニップルがありますね。 L型のグリスニップルでもよかったんですが、ストレートタイプに比べて少々重いのでボツです。 可動部分は極力軽くしないとデチューンになっちゃいますからね。


    今回はここまで!
    ヒデキ東京に遊び来ねぇかな〜・・・・・。



    今回使用した関連アイテムリンク
    使用している関連アイテムを購入できます。

    卓上ボール盤「卓上ボール盤 TB-2131」【送料無料】【40%OFF】(リョービ) 卓上ボール盤 <¥20790引>

    スリーボンド 液状ガスケット TB1211-100

    ◎FERNANDES_SI-1300<ハンダゴテ>(691002900)




    管理人チアキへの励ましのランキングをお願いします。
    人気blogランキングへ

    コメント

    コメントする









    ▲top