ゼロショベ改造計画

ゼロエンジニアリング製作のフルカスタムショベルヘッドをベースに、できる限り自力でさらにフルカスタムするカスタムハーレーダビッドソンの画像付きブログ日記。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ゼロショベ○○計画 | TOP | ワンオフロッカーハウジング パート1 >>

2007.02.06 Tuesday

ショベルヘッド腰上バラし

0
    ALO〜HA!
    おじいちゃんになったらハワイでエアストリームを引っ張ってアイスクリームを売るのがマイドリームの管理人チアキです。

    現在、4カムOHVビッグツインを製作するためにULのクランクケース類をeBayでかき集めている最中です。
    ケースアッセンブリーで出品されていればいいんですが、そんなのは過去に一度も見たこと無いので一つ一つ収集している毎日。 お金も時間もまだまだ掛かりそうです。

    そこで今回からULケースが一式揃う前にシリンダーヘッド上部のOHV機構をドライ方式に変えるべく作業を進めていきます。



    ショベルシリンダーヘッドバラし作業

    '82ショベルヘッドモーターこちらが現状のゼロショベエンジン部分。 見慣れたこのアングルももう見納めだと思うとちょっと寂しい気もします。 このままスッポリとロッカーカバーが取り外せればいいんですが、そう簡単にはいきません。

    ロッカーカバー画像こちらはロッカーカバー上部。 シリンダーヘッドから出ている長めのスタッドボルトにナットで留まっているのでこのままではフレームが邪魔して取り外すことが出来ません。 そこでシリンダーヘッドからバラしてロッカーカバーを取り外してみます。

    マイナス端子外しまずは断線作業から。 バッテリーのマイナス端子を外して画像のようにショートしないようにゴムチューブなどを被せておきます。

    タンク・マフラー外し続いて作業の邪魔になるのでタンク・マフラー・タンクサイドシフト、ついでにミッドコントロールステップ類を取り外しておきます。 先を見越してオイルライン・レギュレーター・コイルに繋がっている配線も外しておきます。 オイルラインはin側の先端に丁度いいサイズのボルトを突っ込んでホースクランプで漏れないようにしておきます。

    プッシュロッド外し作業大方取り外した画像です。 残りはインマニ・オイルライン・プッシュロッドがシリンダーヘッドにくっついてるので、これらをバラしていきます。 まずはプッシュロッドから。

    ポイントカム山合わせまずバルブを全閉状態にしないとプッシュロッドにテンションが掛かったままで外せないので、カム山を合わせて一シリンダーごとにバラします。 カム山は細い山と太い山の二つのピークがありますが、フロントシリンダー側は細い山、リアシリンダー側は太い山となってます。 キックで微妙にカム山を合わせてポイントの接点を開かせます。

    プッシュロッド外し作業プッシュロッドカバーは最初上部を上に押し上げて引っ剥がし、続いて下部をめくり上げるように上に上げます。すると画像のようにプッシュロッドの長さ調整する部分が現れるので一番短い状態まで調整すると簡単に取り外すことが出来ます。

    オイルライン外し続いてインマニを外し、エンジン左側にあるオイルラインの上部だけ取り外します。 これでシリンダーヘッドに繋がっていたパーツがすべて取り外されました。 いよいよシリンダーヘッドをバラしていきます。

    シリンダーヘッドボルト外し画像のようなハーフムーン型の特殊工具を使ってシリンダーヘッドを留めているボルトを外していきます。 ちなみにこの工具はフリーダム堀さんが作ったモノ。 先端が自在になっているのでとっても使いやすいです。 緩めるときのトルクを感覚で覚えておくと締め付けるときの参考になるので覚えておきましょう。

    シリンダーヘッド&ロッカーカバーシリンダ−ヘッドを降ろしたらロッカーカバーをバラします。 いよいよロッカーアームが姿を現しました。 ショベルヘッドはここまでの作業をしないとロッカーアームにたどり着けないので整備性あんまし良くないですね。 パンヘッドなんて蓋を外せばすぐに出てくるのに・・・・・。

    ロッカーカバー&ロッカーアーム最後はインパクトレンチでカバーの後ろ側にあるロッカーシャフトを留めているナットを外し、シャフトをプラハンで前に軽く叩き出すとロッカーアームが取り外せるようになります。 叩くときはねじ山を傷めないように。 実質ロッカーシャフトはナット一つで留まっていて、表側の目玉はただの蓋になってます。 おもしろい作りですね〜。


    ようやく取り外されたロッカーアーム。 ドライ化するのにロッカーシャフトを支持するステーを製作しなければならないのですが、ショベルヘッドの特殊なカタチをしたロッカーシャフトは焼きが入っているので追加工するのが難航を極めます。 この難題をどうクリアするのか?

    次回、ロッカーシャフトのステー製作でその詳細が明らかに!!



    今回使用した関連アイテムリンク
    使用している関連アイテムを購入できます。

    ハーフムーンレンチ
    エアーインパクトレンチ



    管理人チアキへの励ましのランキングをお願いします。
    人気blogランキングへ

    コメント

    コメントする









    ▲top