ゼロショベ改造計画

ゼロエンジニアリング製作のフルカスタムショベルヘッドをベースに、できる限り自力でさらにフルカスタムするカスタムハーレーダビッドソンの画像付きブログ日記。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< テストラン後のドラムブレーキ調整 | TOP | ジョッキーシフトからタンクサイドシフトへ >>

2006.12.19 Tuesday

ガソリンタンクのエアチューブ

0
    実はワタクシ、22才から7年間プロスノーボーダーを目指して世界中を駆け巡っていました。 けっこう本格的でバックカントリーで雪中キャンプなんかもしてて、ビーコン(遭難救助用発信機)や-20℃までOKな寝袋まで装備してました。 あの7年間はオレにとっては大切な思い出です。

    こんばんは、あまりの家の寒さに今その寝袋で寝ている管理人チアキです。

    前回でお伝えしたテストランで、また新たな問題が発生しました。 まずは下の画像をご覧ください。



    ガソリン漏れタンクキャップからガソリンが漏れてるのが判るでしょうか。 これはタンク本体の高さが無いので、振動で常にガスがキャップ近くまで行ってるためです。 ちなみにガス半分入れて走ってこの状態。 早急に対策が必要です。


    ガソリンタンクのブリーザー製作

    レーサーのエアチューブこちらはレーサーの空気吸入口画像。 シャットオフバルブの口を加工して取り付けてます。 ちなみにコレは堀さんのレーサー。 ゼロショベにも似たようなモノを作ってみます。

    タンクキャップの空気口なんの画像かさっぱり判りませんが、これはゼロショベのタンクキャップの空気吸入口。 ここからガスが漏れてきています。

    ガソリン抜き抜きまずはガソリンを抜き取ります。 何回も出したり入れたり大変ですが、最初が肝心です。 徹底的に駄目出しして改善していきます。

    ドリルド加工6.2mmくらいのドリルでタンクに小さい穴を開けます。 キリコが入らないようにウエスで口を塞ぎ、タンク内側にもガムテープを貼ってキリコがタンク内に落ちるのを防ぎます。

    銅管カット画像続いてはパイプカッターで銅管を15mmくらい切り出します。 この銅管の外径は約6.3mm。 さっき開けた穴にプラハンなどで圧入します。

    銅パイプ取り付け圧入したら今度はハンダを使ってリークを抑えます。 溶接ではないので塗装もきっちり剥がします。

    ガソリンタンク空気口封印次にタンクキャップの空気吸入口もハンダで塞ぎます。 徹底的に密封します。

    デカフクロナット完璧に密封したら、エアチューブの垂らし口を作ります。 堀さんのレーサーがネックカップ部分に垂らしていたので、オレも同じように画像にあるデカフクロナットに穴を開けます。

    チューブ挿入口ボール盤でもよかったんですが、でかい穴にしたかったのでディスクグラインダーでデカフクロナットの頭を切り飛ばしました。

    ワンウェイバルブ最後に用意するのが画像にあるガソリンホースワンウェイバルブ。 けっこうかっこいい感じのモノが見つかりました。

    エアチューブ仮付けホースをザクザク切りながら丁度いい長さを見つけていきます。 ワンウェイバルブはタンク寄りに噛ませました。

    ガソリンタンクのエアチューブチューブの長さが決定したらホースクランプで留めて完成! なんかすげぇレーシーになりました♪
    さ〜て、ガス入れて走ってくるかな〜♪

    次回は「ジョッキーシフトからタンクサイドシフトへ」の巻! お楽しみに。



    今回使用した関連アイテムリンク
    使用している関連アイテムを購入できます。

    ディスクグラインダー
    ガソリンホース
    ワンウェイバルブ

    コメント

    初めましてこんばんは。
    強烈なゼロショペに引き込まれてやってきました。
    自分は今SRにのってますが、タンクなどの塗料を参考にさせていただきたく思いました(笑)。
    エポタール・・・・・・。
    錆び止めですよね・・・・。
    ちょっと色々とお伺いしたのでお時間ありましたらメールでも下さいませ。
    よろしくお願いします。
    2007/01/28 1:24 AM by 86hide

    コメントする









    ▲top