ゼロショベ改造計画

ゼロエンジニアリング製作のフルカスタムショベルヘッドをベースに、できる限り自力でさらにフルカスタムするカスタムハーレーダビッドソンの画像付きブログ日記。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< プライマリーチェーンカバー製作 | TOP | サビと戦う - ベアメタルってど〜なのよ!? >>

2006.03.28 Tuesday

リアキャリアの幅詰め

0
    最近あったかくてT-シャツで作業している暑がりのチアキです。

    今回はリアキャリアの幅詰めのインプレッションです。



    ナローリアキャリア製作

    いままではキャリア代わりにピリオンパッドを取り付けて、その上に荷物(嫁)などをくくりつけていたのですが、ピリオンパッドが小さすぎてスペースを確保するのが大変でした。 そこで今回選んだのがビンテージによく使われているリアキャリア。 の社外品。 ナットなんかも全然違うモノが付いているサビサビのジャンク品を格安にてゲット!

    リアキャリアこれが社外品のリアキャリア。 いいヤレ具合です。 今のところ純正にはこだわってないのでこれで十分。

    リアキャリアとりあえずフェンダーにあてがってみました。 ゼロショベにはちょっと幅広な感じで、取り付けステーもフェンダーのアールに合っていません。 そこでこのリアキャリアの幅を詰めてみます。 まずはバラバラにして前後のプレートのみにします。

    プレート切断キャリアのレールピッチ一個分の寸法を測って、プレートを切断します。 切断は高速カッターで切断しました。 寸法を合わせづらいのでオススメできないやり方です。

    溶接バイスに挟み穴位置をまっすぐに、そして穴ピッチを正確に合わせます。 コツは軽めに挟んでハンマーでコンコン叩いて位置出してからきっちり挟んで溶接します。 画像はフリーダム堀さんのゴッドハンド。

    溶接完成溶接すると引っ張られて寸法が多少狂うのですが、堀さんはほとんど狂いを出さずにくっつけてしまいました。 さすがです。

    逃げ加工リアフェンダーが短めなのでキャリアを水平に置くとテールランプに当たってしまうので、当たる部分の逃げを作ります。 作業としてはディスクグラインダー(SI-2501)で荒落とししてベビーサンダーで仕上げます。

    幅狭リアキャリア幅狭リアキャリアの完成! バイクとのバランスもいい感じ♪ これで荷物(嫁)をバッチリ積めます。 幅詰めしたら取り付けステーの角度もリアフェンダーにミラクルフィット! 言うことなしです♪


    次回はリアキャリアをフェンダーに取り付ける作業と、以前使っていたピリオンパッドの取り付け穴の穴埋めなどをお送りします。


    今回使用した関連アイテムリンク
    使用している関連アイテムを購入できます。

    ディスクグラインダー(SI-2501)
    ダイ・グラインダー(SI-2015A)
    KIJIMAスコッチブライト7440MP

    21:00 | リア回り | comments(0) | - | - | - |

    コメント

    コメントする









    ▲top