ゼロショベ改造計画

ゼロエンジニアリング製作のフルカスタムショベルヘッドをベースに、できる限り自力でさらにフルカスタムするカスタムハーレーダビッドソンの画像付きブログ日記。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ミラーの取り付け位置変更 | TOP | ガソリンタンク内コーティング >>

2006.07.10 Monday

ワンオフカスタムステップ

0
    最近離婚をしたので「一人で淋しくない?」とゆーお言葉をよくいただきますが、オレ的には「シングル? ハッピ〜♪」という感じの管理人チアキです。

    今回はワンオフカスタムステップ(フットペグ)製作をインプレッション!



    ワンオフフットペグ製作

    ゼロオリジナルステップ現状はゼロオリジナルステップが付いてます。 高級感あふれるアルミ削り出しのモノで、旧車にもよく似合うのですが、オレのゼロショベには全然似合わずかなり浮いた存在となってます。

    トライアル用フットペグそこで今回使用するのが画像にあるフットペグ。 もともとはトライアル用バイクに付いていたモノで所々溶接痕がありかなりのモディファイが施されています。 もう使わないそうなのでいただいちゃいました。 いつもありがとうございます。

    高速カッターでカット画像本来は可倒式ですが今回は直付けするので不要な部分を高速カッター(切断機)で切断します。

    直角出しいらん部分を切り飛ばしたら高速カッター(切断機)の側面を利用してステップ上面と直角になるように面出しします。 ここが狂うとステップを装着した時に変な方向に向いちゃいます。 画像のように平らなところで直角チェックしましょう。

    タペットローラー上記のステップの状態だと少し短めなのでカラーを付け足します。 画像のカラーは使わなくなった旧車のタペットローラー。

    穴あけ加工次にステップ本体に卓上ボール盤で11mmの穴を左右バランスを見て開けます。 少し大きめの方があとで微調整できますね。

    ワンオフカスタムステップ完成先ほどのカラーをステップ本体に半自動溶接機で溶接してベルトサンダーでバリや不要な溶接跡を削って完成! けっこう単純な作りでしょ? でもとってもワイルドなんです♪

    ワンオフカスタムフットペグ装着さっそく装着してみます。 大事な部分なのでスプリングワッシャーを咬ませました。 ん〜、ワイルド♪

    ワンオフカスタムステップ画像上から眺めて左右のバランスを見てみます。 ゼロステップよりも短くなったのでバンク角にもいい感じ。 それにしてもちっちゃいのにワイルドで全然こっちのステップの方がゼロショベに似合ってます。

    ワンオフカスタムフットペグ画像こうなってくるとクラッチペグ(本来はシフトペグですね)&ブレーキペダルも交換したくなってきます。 なんかワイルドなヤツないかな〜♪



    今回使用した関連アイテムリンク
    使用している関連アイテムを購入できます。

    高速カッター(切断機)
    半自動溶接機
    ケガキ針
    ポンチ
    卓上ボール盤
    ベルトサンダー

    コメント

    コメントする









    ▲top