ゼロショベ改造計画

ゼロエンジニアリング製作のフルカスタムショベルヘッドをベースに、できる限り自力でさらにフルカスタムするカスタムハーレーダビッドソンの画像付きブログ日記。

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ワンオフガソリンタンク製作-前編 | TOP | ガソリンタンク塗装 >>

2006.07.04 Tuesday

ワンオフガソリンタンク製作-後編

0
    どうも〜! 管理人チアキです。

    前回に引き続き今回もワンオフガソリンタンク製作をお送りします。

    前回にもお伝えしたように、かなり悩みまくりましたがタンクをさらに詰めてみたいと思います。



    消火器みたいなワンオフガソリンタンク製作

    オリジナルタンクさらに30mm詰めてみました。 切断は高速カッター(切断機)。 これで容量約9.5リットルになっちゃいました。 ロング出るならこのあたりが限界。

    タンク仮置きイメージを見るために仮置きしてみます。 かなりちっちゃくなりました。 タンク本体の長さはこれで決定です。

    マウントステー続いてフロント側タンクマウントステーを溶接します。 位置はハンドル切れ角限界のクリアランスぎりぎりの位置です。 ホントはもっと下の方がタンクとエンジンの隙間がなくなっていい感じなのですが、ライザーでハンドル位置が上がったのでここがベストバランスな位置です。

    マウントステー次にリア側マウントステー部分。 リア側はじかに溶接するとエンジンを下ろすときに邪魔になるのでステーを半自動溶接機で溶接してそこにボルト留めします。 これでタンクマウントステーが完成です。 これからタンク本体の加工に入ります。

    給油口穴あけガソリンコック、給油口が付く位置にドリリングして穴を開けバング(給油口の受け側)を溶接します。 バングは使われなくなったサビサビのジャンクタンクからディスクグラインダーで切り出しました。

    タップ立てタンク連結パイプが付くところに16mm丸棒を5mm厚くらいに切断して半自動溶接機にて溶接。 そこに9mmの下穴をあけて配管用の3/8 PTタップタップハンドルを使って立てます。 タップは一般的な3/8細目の配管用テーパー。 けっこう太いので折れることは少ないですが、油を差しながら慎重に。

    本付け溶接いよいよ分割されていたタンクを本付け溶接します。 最初に半自動溶接機で肉厚に溶接、ディスクグラインダーで不要な部分を削り落としたらアルゴン溶接機でなじませます。 このあたりの作業はフリーダム堀さんにやってもらいました。

    タンクエンブレム最後にタンクエアンブレムを溶接します。 このエンブレムはスポスタ用リアキャリアに付いていたモノで、カスタム仲間の新井くんからもらったモノ。 とりあえず一個しかないのでタンク右側に溶接しました。

    ワンオフタンク完成これでオリジナルワンオフタンクの完成です! いやぁ〜長かったなぁ〜。 嫁と別居、離婚、家裁道具引越しができちゃったくらい長かったです。 ペイントとタンク内のサビ止め加工はのちのちインプレッション予定です。

    ガソリンコック位置ガソリンコックはタンク左側手前。 タンクが微妙に傾斜してるのでこの位置にしました。 ちょっと中心に寄り過ぎてるので若干の修正が必要ですが今のままでもいけます。

    タンク連結パイプ左右のタンクを繋ぐ連結パイプの位置。 前のタンクからそのまま移植したのでちょっと違和感あるかな? 位置はここがベストです。

    タンクエンブレムかなりイカツくなったタンクエンブレム。 メッキが焼けて虹色になってます。 エンブレムは回りを塗装すればもっと目立つようになりますね。

    ガソリンゲージ位置まだ商品が届いてないので付いてないですが、ここに90°ホースフィッテイング&クリアーホースが付いてガソリンゲージ代わりになる予定です。

    ゼロショベ後方画像ちょっと離れたところから全体のバランスを眺めてみます。 見慣れすぎたせいかかっこよく見えてくるから不思議です。 それにしてもラットな雰囲気が毒々しいです。

    zeroshovel画像反対側から。 ホント毒まみれです。 後ろに写ってるイケメンはカスタム仲間の新井クン。 近々OHV-LIFEの仲間たちのH-Dギャラリーに新井号の詳細を載せる予定です。

    堀さんと新井くん人が乗ってるところのバランスも見てみます。 モデルはフリーダム代表:堀 光一路氏。 パっと見リアタイヤの上にピースしてる小人が乗ってるように見えますが新井クンです。

    ラットバイクに乗る極悪そうな堀さんフロント側から撮影。 おっかなそうな人が乗ってますがフリーダム堀さんです。 それにしてもこの極悪そうなバイクが似合ってます。

    ハーレーダビッドソン画像もう昔の面影すらないオレのゼロショベ。 これから塗装してさらにHOT-RODな雰囲気にしていきます。

    次回は「ガソリンタンク塗装」の巻。 お楽しみに。



    今回使用した関連アイテムリンク
    使用している関連アイテムを購入できます。

    ディスクグラインダー
    高速カッター(切断機)
    半自動溶接機
    ケガキ針
    ポンチ
    卓上ボール盤
    ベルトサンダー
    3/8 PTタップ
    タップハンドル

    コメント

    すごいっ!!
    人が乗ると「雰囲気」全然違いますね(^^
    2006/07/04 11:14 PM by ななし
    ななしさんどもども!

    やっぱ人が乗ると全然雰囲気変わっちゃいますね〜。 特に堀さんのような凶悪ヅラした人がまたがるとキマります。

    タンクコックの径は今度調べておきますね。 ちなみに画像にあるピンゲルが付いてました。

    ではでは。
    2006/07/05 12:53 AM by チアキ
    これは本当にすごいですね。
    こんなの街中に止まってたら確実に凝視&シャッター押してしまいますよ。すごい!やばい!
    2006/07/05 8:58 PM by チアキファン
    チアキファンさんどうもはじめまして!

    本当にすごいなんて言っていただけてうれしいです! すっげぇ〜励みになります!!
    ちなみに現状はカスタムプラン中盤といったところです。

    これからも応援よろしくっス!
    2006/07/05 10:42 PM by チアキ

    コメントする









    ▲top