ゼロショベ改造計画

ゼロエンジニアリング製作のフルカスタムショベルヘッドをベースに、できる限り自力でさらにフルカスタムするカスタムハーレーダビッドソンの画像付きブログ日記。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< リアフェンダーの取り付け | TOP | 74スプリンガー用フロントキャリア >>

2006.05.24 Wednesday

ホイールバランス取り

0
    ども! 管理人チアキです!

    先日(5月21日)フリーダムの定例ツーリングに同行してゼロショベのテストランがてらダメ出ししてきました。 無事300kmくらい走ってきましたが、ファイアーストーンの出来が悪いらしくホイールバランスがめちゃくちゃで、縦揺れがひどくてまるでダート走行をしている感じでした。 

    そこで今回は前後ホイール(タイヤ)バランス取りをインプレッションしてみたいと思います。



    タイヤのバランス取り作業

    リアタイヤ外しまずはリアタイヤを外します。 最初は載せたままバランス取りをしようと思ったのですが、思いのほか抵抗があったので取り外して専用のスタンドでバランスを見ます。

    ホイールバランサーこれが専用スタンド。 仮にホイールバランサーという名前にしておきましょう。 シャフト受けがベアリングになっているので限りなく抵抗がありません。 なるべく平地に置いてガタのないように。

    ホイールバランス取りつづいて取り外したタイヤにシャフトをつっこんでホイールバランサーに載せます。 思い所が重力で下の方にいきます。 何回か試して毎回同じ所が下にくる場所を探ります。

    マーキングいつも同じ場所で止まるところの180°反対側にマジックでマーキングします。

    各種ウエイト画像にあるのはホイールバランス取り用のウエイト各種。 スポークに取り付けるタイプやリムに両面テープで貼り付けるタイプなどがあります。

    ウエイト取り付け先ほどマーキングしたトコロに少しづつウエイトを追加しながら重い場所とのバランスを取ります。 どこも重くならないようにキッチリバランス取りましょう。 今回はなんと100グラム近くウエイトを付けなければバランスが取れませんでした。


    バランスを取ったらタイヤを再度装着します。 これでリアタイヤのバランス取りは終了です。 次にフロントタイヤも見ちゃいましょう。


    フロントタイヤ取り外しリアタイヤ同様フロントタイヤも外します。 アクスルシャフトを緩めてタイヤを回して、ほとんど抵抗が無ければ載せたままバランス取ることも可能らしいです。 オレのゼロショベはキッチリ出したいので外しました。

    マーキングリアタイヤ同様いつも同じ場所で止まるところの180°反対側にマジックでマーキングします。

    ホイールバランス取りバランス取りのコツとしてはマーキングした箇所を真横の位置に持ってきて手を離します。 そうするとゆっくりと重いトコロが下に移動していきます。 ウエイトは一気に取り付けずに少しづつ取り付けてバランスを見ましょう。

    カスタムショベルヘッド画像前後タイヤホイールバランス取り完成! ホイールバランス取り後の乗り心地を見るのはさすがにその辺走ったくらいじゃ判らないので、高速道路を走ってどれくらい直ったのか見てみます。 丁度週末にキックバックミーティングがあるので参加がてらテストランしてきます。

    次回はフロントフォークに取り付けるキャリア製作をインプレッション予定です。

    コメント

    コメントする









    ▲top